2010年03月21日

雪割草祭り−2

画像クリックで拡大します

DSC_0011-1.jpg

雪割草まつりは今日21日まで ですが 営業は4月半までやるそうです

DSC_0013-1.jpg

人手が多い為上からの写真しか撮れませんでした

DSC_0015-1.jpg

押されたり、足踏まれたり その中での撮影大変でした

DSC_0016-1.jpg



DSC_0017-1.jpg

日本海を見下ろす小高い丘には、一足早く春を告げる花「雪割草」が咲き誇ります

DSC_0043-1.jpg

遊歩道が整備された里内には、約30万株の雪割草が群生しています

DSC_0044-1.jpg

一番の見ごろに行われる雪割草まつりでは、雪割草の販売、地元特産品の販売、雪割草技術講習会が行われます

DSC_0054-1.jpg

平成20年に雪割草が新潟県の草花に  指定されました

DSC_0058-1.jpg

厳しい冬に耐え、雪解けと共に可憐な花を咲かせます。一つひとつは小さくて目立ちませんがそれぞれ 個性豊かでお互いを引き立て合う様は、新潟県の県民性にぴったりな草花のようです

DSC_0083-1.jpg


posted by mori at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

雪割草まつり

画像クリックで拡大します

DSC_0002-1.jpg

柏崎市西山町 雪割草の里で雪割草まつりが行われています

DSC_0028-1.jpg

明日21日迄

DSC_0021-1.jpg

販売もしています

DSC_0022-1.jpg



DSC_0025-1.jpg

明日は、(遊歩道 小高い山の雪割草)を、掲載します
posted by mori at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ほだれ祭り−3

画像クリックで拡大します
何処かで、見たような人??
DSC_0414-1.jpg

一般参加された 衆議院議員 菊田まきこ さん でした 

DSC_0429-1.jpg

楽しそうに、手を振っています

DSC_0458-1.jpg

カメラマンの多いこと

DSC_0437-1.jpg

こっち向いて〜 すかさず手を、振る参加者

DSC_0471-1.jpg

降りようとしたら 菊田さんに ナゼナゼして〜 の注文

DSC_0487-1.jpg

うれし はずかし 菊田さん

DSC_0490-1.jpg



DSC_0495-1.jpg

撮影に夢中でどれくらいの観衆か分からなかった 300人は、いたようです

DSC_0323-1.jpg

それにしてもカメランが多い 7割以上がカメラマンです

DSC_0324-1.jpg



posted by mori at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ほだれ祭り−2

画像クリックで拡大します

今年の初嫁さん

DSC_0189-1.jpg

山傘にミノを着け 酒樽を担いで村人が来ます

DSC_0204-1.jpg

似合ってますね

DSC_0250-1.jpg

地元衆が持参した樽酒を、鏡開き

DSC_0279-1.jpg

ご神体の御移行

DSC_0313-1.jpg

ご神体を待ち受ける担ぎ手

DSC_0320-1.jpg

600kgのご神体を、担ぎ台まで運んで来ました

DSC_0327-1.jpg

初嫁担ぎの始まり

DSC_0351-1.jpg

栃尾に嫁いできた初嫁が神輿に乗った御神体にまたがり、これを村の男衆が担いで村内を練り歩き、五穀豊穣と子宝・安産を願います

DSC_0367-1.jpg

その場で上下に持ち上げられます

DSC_0377-jpg


明日は、衆議院議員 菊田まきこ さん 登場です

 
posted by mori at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

ほだれ祭り

画像クリックで拡大します

長岡市 栃尾の下来伝地区に毎年3月第2日曜日に行われる
「ほだれ」とは「たわわに実った稲穂が垂れる」様を表す言葉で、五穀豊穣、子宝や良縁、子育てなど、人や作物の豊かな実りを祈願する祭りです。


DSC_0002-1.jpg

この御神体は高さ2.2m、重さ600kgで、新潟県はもちろん日本で一番大きな道祖神かと思われます

DSC_0005-1.jpg

ほだれ・・
男性のシンボルの意味もあるが、穂垂れの稲や
栗の実りを形容する言葉といわれている


DSC_0018-1.jpg

石の道祖神もあり 先っちょがリアルですね


DSC_0020-1.jpg



DSC_0022-1.jpg

村人が〆縄を担いで来ました


DSC_0120-1.jpg

〆縄張りで祭りが始まる

DSC_0137-1.jpg

樹齢800年の大杉に〆縄が奉納される大人10人以上で何とか奉納完了

DSC_0143-1.jpg

明日は、栃尾に嫁いできた初嫁が御神体にまたがり神輿に乗った 様子を掲載します
posted by mori at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。